建築物衛生管理事業登録の有効期間は6年間です。そのため、6年を超えて登録事業者であるという表示をしようとする場合には、再登録をして登録を更新する必要がございます。

更新(再登録)にあたって大切なポイントをご紹介します。

1)タイミングについて

申請書類を窓口に提出してから登録まで約1カ月の期間を要しますので、有効期限の約2ヶ月前までには、更新の準備をスタートすることをお勧めいたします。

2)費用について

新規登録時と同額の登録費が必要となります。

3)必要書類について

新規登録時と同様となりますので、時間に余裕を持って準備をスタートする必要がございます。

4)更新をするメリットについて

更新をするにあたっての費用や必要書類は新規登録時と変わらないにも関わらず、登録有効期間内に再登録の手続きをするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、既に登録事業者として入札事業等を請け負っている場合には、登録を失う期間が生じることを避けなければなりません。また、受託事業がない場合でも、再登録をすることで、登録番号を継続して使用することができ、登録事業者である旨の表示を変更する手間を省くことが可能となります。